2009年08月18日

ねむの木の庭

e94a42dd.jpg土曜は二軒飲みに行き、それでものみたりない友人がうちに飲みにきてそのまま寝袋で就寝してった。いやはや。

せっかくなので日曜はそのまま五反田目黒近辺を散策。



TOC
http://www.toc.co.jp/
広大な屋上が開放されている。14階ぐらいの絶妙な高さなので、空が本当に広く見える。
天気の良い日は地下でサンドイッチと飲み物を買って屋上でまったり食べるのが最高。


東京デザインセンター
http://www.design-center.co.jp/
開放されたテラスで、まったりのんびりぐだぐだだべる。




ねむの木の庭
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000000400/hpg000000351.htm
当地はもともと皇后美智子の生家として知られる日清製粉社長の正田家の邸宅があるところであった。昭和初期に建築された趣きある建物であったが、1999年に死去した故正田英三郎の遺産の相続税の一部として2001年に国に物納された。建物の老朽化が激しかったため、一部で建物の保存運動も行われたが、建物は2002年に解体された。その後、品川区が国から公園用地として跡地を取得、整備され2004年8月26日に「ねむの木の庭」として開園した。名前の由来は皇后が高校時代に自身で作った詩「ねむの木の子守歌」に因んでいる。公園は邸宅の跡地なので広くはないが、様々な樹木や草花で彩られている。当公園内は皇后・美智子に因み、バラの「プリンセスミチコ」も植えられている。

かつては個人宅だったわけなので、非常に小さい公園なのだけど、すごくきれいに手入れされていて美しい花が咲き誇る気持ちのいい場所でした。これは品川区として非常に誇れる場所ですな。
住宅街に忽然と現れるスペースなのだが、なかなか知名度は高いらしく多くの観光客が訪れておりました。



池田山公園
http://www.imeyes.com/03takanawa/ikedayama1.htm
この公園は、旧岡山池田藩下屋敷跡を整備した和風庭園で、池を中心にレイアウトされた滝や林を巡り、四季折々の花を楽しめます。高台部は遊戯・休憩ゾーンになっています。

かなりのアップダウンもあり池を見下ろしたり、渓流のような流れがあったり、鯉がたくさん泳いでたりする大きな公園。紅葉が多いので秋の景観も楽しみです。



自然教育園
http://www.ins.kahaku.go.jp/
今日は入場無料の日でした。気楽な気分で入ったが山奥に迷い込んだよな所です。うっそうと茂る樹木、湿地帯、池。恐ろしく広大で、たまに聞こえてくる車の音や救急車のサイレンがなければ都内であることを忘れてしまいそう。




Black design 東京デザインマップ
http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&msa=0&msid=110290904991850343985.00044c4b5c77fcf5d6257&ll=35.621288,139.718193&spn=0.001716,0.001888&z=19


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by customer-satisfaction at 16:10| 日記

design-link デザイン関係総合リンク集

「design-link デザイン関係総合リンク集」を構築中。
http://design-link.jpn.org/


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by customer-satisfaction at 16:09| 日記

2007年05月05日

レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像

友達が新聞屋からチケットもらったということで、東京国立博物館「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像」を見に行く。
http://www.leonardo2007.jp/
Annunciation.UffiziFlorence.1473..jpg


さすが連休中、上野は凄い人の波だわ。とりあえず、うさぎやのどら焼きを買う。
aloha201301.jpg


受胎告知のある第一会場は人数制限がかけられ、15分くらいの行列。さらに金属探知機の鞄のなかチェック有。展示室も人でごったがえし、係員に「右に移動しながら見てください」などと延々言われ続ける凄い環境。
受胎告知は、親方として認められたばかり若いダ・ヴィンチが描いた最初の単独作品。彼の生涯において探求し続けた要素に対する執着が、たくさん織り込んである。美を超えた知的探求、数的な秩序による構成、人物や植物の博物学的な考察、空気遠近法など。そういう理屈はさておき、恐ろしいほどの神々しさとともにそこにある作品でした。
第二会場は、なぜか高精細に複写されたの原寸大作品コピーやら、それをご家庭でも楽しめる縮小版コピー(うん十万円)やらの販売やら、経路の途中に突然グッズ販売コーナーが出現するなど商業主義がぷんぷんするところでしたが、中盤以降はダ・ヴィンチの科学的な探求に対する事例を、模型や映像を駆使しながらわかりやすく解説。一人の人間が、よくぞまあこれだけ多くのことを発見したのだなあ、といまさらながら偉業っぷりに唖然としました。

その後、上野近辺の「れんこん」で飲む。れんこん料理が充実してて満足しました。
http://r.gnavi.co.jp/g473200/
g473200ps1.jpg


・グラフィックデザイン/広告制作のご用命は、
 経験豊富なデザインプロダクションのこちらへ
Black design
http://www.blackdesign.jp

・宣伝広告デザイン:専門用語辞典
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html
posted by customer-satisfaction at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月24日

Jeep(R) Waterfall

Jeep(R) Waterfall
水がメディアですね。重力のスピード感が素晴らしい。
Jeepの世界観とも合っているメディアです。
実物が見たいです。次のモーターショーには持ってきてくれるかな?

posted by customer-satisfaction at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月22日

アパマン3D



http://www.apamanshop.com/info/3d/index.html
間取りに家具が置けて、その立体イメージまでレンダリングしてくれるサイト。いまのwebの進化は凄いですね。将来的にはこれがあたりまえになるかもしれません。家具屋さんや家電屋さんが家具パーツを提供して(宣伝にもなるし
posted by customer-satisfaction at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月20日

宣伝・広報・広告・デザイン業界:専門用語辞典

dic_logo2.gif

http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html

広告・デザイン業界や、宣伝部や広報部でよく使われる用語を集めた専門用語辞典です。
webや新しいメディアの用語も随時追加していきます。
どうぞお活用ください。

posted by customer-satisfaction at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月31日

DYDOのコーヒーパッケージデザイン



とにかく白い。
はじめて店で見た時、正面はどこかな?と回してしまった。それくらい割り切った白さ。久しぶりに嫉妬すら感じるようなパッケージデザインです。
http://www.dydo.co.jp/dydo/release/060906.htm
posted by customer-satisfaction at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月23日

アクセスアップへ!ブログパーツ

色々なブログパーツの傾向と対策を調べる必要があり、最初はデスクトップに逐一保存していたのだが、途中からブログを立てて、そこに貼っていくと楽だということに気付く。
http://blog-parts.sblo.jp/

動きも確認できるし、すこぶる快適にデータベース化ができた。しかし最近は、色んなブログパーツがあるものだわ〜。
posted by customer-satisfaction at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月22日

顧客満足度?

顧客満足度について考えを巡らして行くサイトです。
有益な情報を日々更新して行きます。
posted by customer-satisfaction at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月07日

「Adobe Reader 8」の提供を開始

103al.jpg

アドビシステムズが無料PDFリーダーの最新版「Adobe Reader 8」の提供を開始した。Windows版は、Windows XP Professional/ Home / Tablet PC Edition (Service Pack 2)、Windows 2000(Service Pack 4)、さらにWindows Vistaをサポート。Macintosh版はMac OS v10.4.3以降に対応する。Linux版は2007年の提供予定となっている。日本語版のほか、英語版、フランス語版、ドイツ語版が用意されている

Reader 8ではユーザーインタフェースが一新された。初期状態ではツールバーのアイコンが「印刷」「ページの移動」「拡大・縮小」「Web会議」など、PDFドキュメントを閲覧するための機能に絞り込まれている。シンプルだが、分かりやすく、Readerの主要機能にアクセスしやすい。従来版のようにアイコンを並べたい場合は、「ツールバーのカスタマイズ」でアイコンの追加・削除が可能。ツールバーには検索窓も配置されており、検索アイコンから検索機能を呼び出していた従来版よりも素早く検索できる。またセキュリティ設定やページ、ヘルプなどにアクセスするナビゲーションパネルもアイコン表示でドキュメント部分を邪魔しないため、より多くの内容を画面上に広げられる。

同社は11月17日に「Acrobat 8」を発売しており、Reader 8ではAcrobatとの連携も強化された。たとえばAcrobat 8 ProfessionalでPDFを作成する際に権限を付与すると、Readerでもフォームへの記入や電子署名が可能になる。またAdobe Acrobat Connect(日本語版の提供開始は2007年を予定)に対応したオンライン会議、共有レビュー、効率性が増したレビュートラッカー、RSSリーダーなど、コラボレーション機能も充実している。


ダウンロードはこちらから
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep.html
posted by customer-satisfaction at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記